SOHO

SOHOという働き方

新しい仕事のスタイル

仕事、というと「会社にかよって仕事をする」というものを想像する人がやはり多いでしょう。
しかし、インターネットの発達などによって、仕事のスタイルというのは多様化するようになってきました。
そんな中で注目を集めるようになっているのが「SOHO」です。
SOHOというのは、Small Office Home Officeの略称で、要するに小さな事務所や自宅で仕事をする、という形式のことを指しています。

個人事業主として仕事をすることになる、というスタイルとなるため、一般的な「雇用」関係ではないフリーランスになるのがSOHOノ特徴の1つです。
では、メリットとデメリットはどんなものでしょうか?

SOHOのメリットデメリット

まずはメリットについてです。
自宅を仕事場とすることが出来る、ということで、通勤などの時間が必要ありません。
さらに、通常の会社ならばどうしても避ける事が出来ない人間関係なども最低限に留める事ができます。
もちろん服装に関する規定などもありませんから、ウェブカメラなどを使って通信を行わないのであれば、スーツじゃなくて良いどころか下着姿で仕事をしたって誰にも文句は言われません。

自由であること、がSOHOの最大のメリットです。
しかし、これは同時にデメリットでもあり、しっかり仕事を律する意思の力がないと怠けてしまいがちです。

他にも、経理などを自分で行なわなければならないこと、仕事の責任が自分にあること、報酬が安定しにくいこと、といったようなデメリットがあります。
メリットとデメリットを照らしあわせて考えましょう。