書籍

おすすめビジネス書5選

奥深いビジネス書の世界

世の中には「ビジネス書」とよばれるものが大量に存在しています。
当然ではありますが、これらをすべて読むことは時間を考えても不可能ですし、そうすることが有益だとも言えません。

ビジネス書というのはまさに玉石混交であり、ある本では肯定されていることが他の本では否定してあり、逆に否定してあったものが肯定されていることもあります。
ビジネス書を読んだことがある人はよくわかることだと思いますが、読んだことがない人はイメージが沸きづらいかもしれません。
おすすめのビジネス書を19冊も掲載しているサイトがありましたので、ご参考までに紹介しておきます。
>>markelog

とはいっても、19冊も読んでいられないという人が多いはず。
そこで、実際に読んで役に立つと考えられるビジネス書を5冊抜粋して紹介していきます。
奥深いビジネス書の世界を少し覗いてみましょう。

オススメの5冊

ビジネス書としては驚異的な売上を果たしたビジネス書である「トマ・ピケティ」著『21世紀の資本』。
この本は、資本主義をひた走ってきた人類がこのまま資本主義の道を走り続けても良いのか、ということに警鐘を鳴らすものです。

所得格差が起こると、どのような問題が発生するのか、そしてそれを解決するためにはどうするべきなのかが明確に示されています。
ただ、この本の中で示されている格差解決の方策というのは、「全世界が同時に大胆な格差是正政策を取る」というもので、現実的といえるレベルのものではないのは事実。

共産主義的であるという批判も一定数存在しているので、そのことは理解しつつ読み進める必要があるでしょう。
いずれにせよ、今後の成長と経済を考える上で、経営者にとって重要な一冊と言えます。

2冊目に紹介するのは、「ロバートキヨサキ」著『金持ち父さん貧乏父さん』です。
一見すると絵本のタイトルのようですが、内容は「どのようにして利益を上げるのか」を取り上げたビジネス書となっています。
資産を得るためにはいくつかのポイントがあり、それを抑えているかどうかによって結果が違ってくる、ということを示しています。
特に重要だと思われるのが「目先の利益」ではなく「大局を見据える」ことが重要だとのこと。

これは経営においても当然言えることでしょう。
刹那的な商売は確かに儲かりやすいものの、長くは続きません。
本当の意味で会社を大きくさせたいならば、長期的な視点が必要になるのです。

3冊目として紹介するのは、「ダン・S・ケネディ」著『世界一シビアな社長力養成講座』です。
経営者として、どのようなことを求めるべきなのかをシビアな視点から示しているもの。
この本はあくまでも、経営者が利益を得る上での「最適解」が何かを道しるべとして提案しています。
人によっては読むだけで気分が悪くなってしまうような内容かもしれません。

しかし、経営者は時には感情を捨てて、会社の存続と繁栄のための選択肢を取らなければならないこともあります。
そういった事態のことを見つめなおし、いざというときにどうするのか、考えるための一冊として有用です。
もちろんすべてをこの通りにするべきだ、という本ではありません。

4冊目として紹介するのは、「きたみりゅうじ」著『フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。』です。
ビジネスというと会社経営のようなものを想像する人が多いものの、実際には自営業や個人事業主のような、小規模ビジネスも選択肢となります。

この場合、特に不安になりやすいのが確定申告。
正しく申告を行わなければ、脱税だと思われてしまう可能性もあり、慣れない内はドキドキしながら行うことになるでしょう。
ただ、慣れてくると、どうすると効果的な申告が出来るのかを考えるようになってきます。

この本ではそんな個人による確定申告の方法や、どうすれば税金を節約出来るのかについて記しています。
初めての人でも分かりやすい構成となっている、やさしいビジネス書です。

最後の一冊として紹介するのは『孫子』です。
御存知の通り、この本は古代中国の戦略家である孫子によって記されたもので、基本的には軍事的な内容となっています。
しかし、この中には組織を動かすための方法の参考となるようなことも記されています。

例の1つとして、実際に孫氏が行なったとされる組織統制の方法があります。
王に「女中たちに軍事演習を付けてみてくれ」と言われた孫子は、実際に演習を行うものの、女中たちは真面目にやろうとしません。
そこで孫子は、女中たちをいくつかのグループに分けて再度演習を行い、正しく統制が取れなかったグループのリーダーを斬り捨てるという方法とりました。

こうすることですべてのグループが引き締まり、一転して真面目な演習が行えるようになったというもの。
この際、王が斬ったのは一番気に入っていた女中であったのもポイントとなっています。
もちろんこれは現代で行える方策ではありませんが、経営集団を統制するためにはどんな方法があるか、ライバル会社に負けないためにはどんな戦略があるか、をしっかりと学べる内容になっているでしょう。