スマートフォン

ビジネスに役立つアプリ紹介

アプリも活用

今やビジネスマンの必携アイテムの1つとなっているのが、スマートフォンでしょう。
「モバイルファースト」を実現するためにも、まず自分たちがスマートフォンを使いこなし、ユーザーの視点にたつことも重要になります。
では、ビジネスをする上で役に立つスマートフォンのアプリケーションにはどのようなものがあるでしょうか?
様々な用途のアプリケーションが存在しており、適切利用すると多くの手間を減らす事ができます。

使えるアプリ選

使えるアプリとして、1つ目に紹介するのはEightです。
これは名刺管理を行うことが出来るアプリケーションで、こんがらがりやすい名刺ブックをスマートフォンの小さな筐体に収める事ができます。
使い方は至って簡単、取り込みたい名刺をアプリケーションのカメラで撮影するだけです。

というと、OCR(optical character recognition=光学文字認識システム)を利用しているようですが、実際にはそうではなく、カメラで撮影された名刺がオペレーターの元に送信され、手動入力されています。
手動であるためにOCRよりも精度が高いということが評価されています。
さらにFacebookと連携すると、電子名刺の交換などを行うこともできます。
スマートフォンだけではなく、パソコンからもアクセスすることが出来るため、家で管理したいときにはパソコンを使うと便利です。

次に紹介するのは、Dropboxです。
知名度の高いクラウドサービスで、オンライン上に様々なデータを保存しておくことが出来るものとなります。
無料でも2GBと大きな要領を利用することが出来るため、動画などを保存して閲覧出来るようにすることも可能であることがメリットです。
他のストレージに比べて登録や使い方もシンプルで簡単なため、普段あまりスマートフォンを使わないような人でも利用し易いと言えます。

次に、ニュースリーダーとしてFlipboardとPOLYGLOTSについて紹介します。
Flipboardはニュースと、それに関するSNSの情報を同時に見ることが出来るようになっているアプリケーションです。
日経新聞やロイター通信、CNNといった主要メディアのニュースを閲覧することが出来、利便性が高いのが特徴です。

POLYGLOTSは、英語でニュースを読むことをポイントとしているアプリケーションです。
海外メディアの配信しているニュースをそのまま読めるようにしているだけでなく、単語単位で辞書機能が付いているため、読めない場合にはすぐに調べて理解することができます。
毎日のように読んでいると段々と英語が読めるようになってきて、かつ世界のニュースにも親しむ事が出来る、という一石二鳥のアプリケーションです。