モバイルファーストについて考える

モバイルファーストとは?

IT業界に置いてはよく聞くようになったものの、まだその他の業界ではそれほど認知されていない言葉かもしれません。
ここではそんな言葉「モバイルファースト」について考えます。
聞いたことがなくとも、なんとなく語感から言わんとしていることは伝わるでしょうか?

モバイルファーストというのは、ウェブサイトやソフトウェアの開発を行う際に、パソコンではなくスマートフォンのような携帯端末向けのものを先に考える、というものです。
パソコン用のものがモバイルでも使える、というのではなく、モバイル用のものがパソコンでも使える、というような環境にすることを指しています。
スマートフォン普及以前のウェブサイトを携帯電話から開いたことがある人ならば、誰もが「使いにくさ」を感じたことがあるでしょう。
この当時のウェブサイトというのはあくまでもパソコンファーストであり、モバイルセカンド(これは造語ですが)であったということです。

この言葉はIT業界の第一人者の1人であるルーク・ウロブルスキー氏の著書「MOBILE FIRST」で提唱されて広がってきました。
では、こうすることによってどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットはなにか

では、モバイルファーストがもたらすメリットについて考えていきましょう。
まず最初に挙げることが出来るのが、「イノベーション」です。
パソコンのメリットが「なんでもできる」ということであったのに対して、スマートフォンのメリットは「いつでも使える」ことであるといえるでしょう。
ここに目的の違いがあり、ターゲットとするものに違いが生じることになります。

より多くの人の目に触れ、使ってもらえるのはどちらかということを考えると、やはりいつでも、すぐにでも手に取ることが出来るスマートフォンでしょう。
こちらを優先にすることによって、より多くのユーザーを獲得することができる、というのがモバイルファーストによるイノベーションの考え方です。
ただ、これについて重要なのは、あくまでも「モバイルシフト」を行うことではなく、ユーザーの視点に立った考え方ができるようになること、と「MOBILE FIRST」には記されています。

では、実際にこのモバイルファーストが実践された例としてどのようなものがあるのかを紹介します。
実際の会社名については伏せますが、マーケティング戦術としてこれを利用しているケースが見られます。
メールマガジンなどを使ってお得な情報を送信し、それを元にして来てくれた人の集計を行うことによって集客と客層分析を同時に行う、というものです。
さらに店舗検索機能などを簡単にしておくことで、お得な情報から直接「行きたい」と思わせる事ができるようになっています。

他には、モバイルを使うことによって手続きを簡略化出来る、というような使われ方がされている場合もあります。
ある航空会社では、パソコンからの購入ならば10分以上掛かる手続きが、スマートフォンからなら10分掛からずに完了するような設計がなされるようになりました。
これはスマートフォンというモバイル端末が持っている「不便さ」が関係しています。

というのも、パソコンから閲覧をする場合、じっくりゆっくり見ても問題がありません。
しかし、スマートフォンからの場合、充電の都合があったり、画面が小さくて長く見続けているのが疲れたり、というような理由で、スピーディに利用を済ませてしまう人が多いということです。
判断に必要な時間を減らすことは、単純に利用者を増やすことにも繋がります。
そして同時に、不便どころか便利だと感じさせることができる一石二鳥の戦術です。

では、実際にモバイルファーストを実践しようとする場合、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?
何より重要なのは前述の通り、ユーザーの視点に立つことです。
これを考える際には、モバイル端末の持っているメリットとデメリットについて理解して置かなければなりません。

メリットとしては、モバイル自体が持っている機能を利用出来る、ということです。
例えばコンパス機能やGPS機能などを使い位置情報を利用出来る、ということや、マイクとスピーカーがあるために、音声入力や音声出力を利用することが出来る、ということです。
これらを効果的に利用すると、モバイルでしか出来ない、パソコンにはない便利なシステムを構築することができます。

逆にデメリットとなるのは、モバイル自体のユーザーインターフェースの問題です。
まずスクリーンサイズはパソコンよりも小さくなるため、綺麗な映像などを取り入れても惹きつける事はあまり出来ません。
同時に、パフォーマンス(スペック)もパソコンよりも低いため、サイトとして出来ることにも制約があります。
そして、同じ端末でも、人によって使うタイミングが違っている、ということについても理解して考えておく必要があります。

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングという世界

IT業界で仕事をするにあたって、特にニーズの高い技術であるのが「プログラミング」です。
一部の職業は、これがなければそもそも仕事にならないというほどのキーストーンテクノロジーであると言って良いでしょう。
一口にプログラミングといってもその種類は多岐にわたっており、それぞれ得意としていることが違っています。

プログラミング言語の特徴については下記サイトも参考としてみてください、詳しく紹介されています。
>>Javaプログラミング講座
ただ、実際にこのプログラミングを仕事とするのでなければ、プログラミングを学ぶことにメリットはないと考えている人が多いのではないでしょうか。

確かに、この世の中の全員がプログラミングを学ぶべきものかといえばそうではありません。
しかし、ある一定の人はこのプログラミング自体を仕事としなくても、プログラミングを学ぶ価値があるだろうと考えています。

では、プログラミングを学ぶことによってどのようなメリットがあると考えられるのでしょうか?
そして、どのような人がこのメリットを持っていると有利だと考えられるのでしょうか?

プログラミングから得られること

プログラミングを学ぶことによって得られることに論理的思考力が挙げられます。
プログラミングというのは、こちらの命令の通りにしか動きません。

この命令文をいかに組み合わせて狙ったとおりの挙動にするのか、というのがプログラミングの本質です。
例外的動作を行なった時にエラーを起こさないように、デバッグをすることもまたこの作業において重要なポイント。
その仕事内容はさながらパズルのようです。

プログラミングを成功させるためには、段階的、かつ総合的な視点を持っていなければなりません。
一つ一つ積み上げていかなければ動くことはなく、同時に全体として完成像を想像出来るような力が求められるでしょう。
この2つは経営者としても必要な論理的思考力を鍛えることに繋がっていくはず。

また、プログラムが持っている意味がわかることで、どんなことに本質があるのかを見極める事ができるようになります。
例えば、メモリからデータを持ってくる作業、計算を行う作業など、それぞれに意味があり、1つでも欠けると正しいコードになりません。

しっかりとした知識を持っていなければ、手間が増えるほか、予期せぬエラーを引き起こす可能性があります。
最終的に目指しているものはなにか、欠かすことが出来ないものはなにか、を冷静に見極めるスキルが必要になるでしょう。

では、どんな人がプログラミングを学んで大きな恩恵を得ることができるのか。
上記で多少触れましたが、経営者のように全体像を描き、その上で個別の像を描く必要がある人にとってプログラミングは大きな助けとなることでしょう。
もちろん、プログラミングを仕事としないものの、パソコンを使う事が多い人であればそれだけでも役に立ちます。

ただ、何より重要なのは「興味が持てる人」です。
こういったメリットがあると分かっていたとしても、全く興味が沸かないのであればやり始めても苦痛に感じてしまうだけで、学ぶべきことが吸収できないでしょう。
好きこそものの上手なれ、1つの適材適所だとかんがえるのが適切です。

最新情報を常にキャッチアップする必要

時代と共に歩む

私の務めるIT業界は、他の業界に比べて特に進歩の早い業界として知られていることでしょう。
IT革命、ITバブルと呼ばれた時代からまだ10年そこそこしか経っていない現状で、当時と違っていることは数多く存在しています。
最近のことを述べるのであれば、クラウドシステムの普及などはまさに時代が変わった、といえる技術でしょう。
このように、時代とともに進む技術の情報というのは、どんな業界においても必要不可欠な存在です。

最新情報をキャッチアップし続けることで業界内での立場を維持し、さらには早くに取り入れることによってリードする、ということは会社を成長させていく上で重要なこととなります。
もちろん、伝統技術を使っているような業界であれば1つのことを学んでおけばそれだけで長い間キープし続ける事ができますが、IT業界のように進みの早い業界ではそうは行きません。
常に新しいものを取り入れていかなければ、すぐに沈んでいってしまうことになるでしょう。

この最新情報のキャッチアップについて、失敗しがちなことが1つあります。
それは、変革が起こった時、その結果だけをキャッチアップする、というものです。
確かにこの方法を取った方が効率は良く、すぐに情報を取り入れるという意味でも遅れは取らないでしょう。
この方法であれば情報取得、及び技術習得に掛ける時間も少なくて済むため、もしその技術や情報がすぐに陳腐化してしまったとしても、それほどリスクを負うことははありません。

ただ、この方法では必ず「後手」に回ってしまう、ということは理解しておく必要があります。
先手を打ち、業界内でも強い影響力を手に入れるためには、やはりリスクを犯してでも最新の技術をいち早く取り入れ、結果が出る前から関わっていくことが重要になるでしょう。

過程の中で知識を得る

こういった作業をするにあたって特に重要であるのが、キャッチアップをするために新しい知識や技術を学び、それを習得していく、ということです。
ただついていくだけではこれが出来ません。
自分の武器として使えるレベルにまで到達させることによって、初めてそれが自社、ひいては自分にとってのアドバンテージとなるでしょう。

分かりやすい例を1つ示しておきます。
経営の分析方法の1つとして、SWOT分析というものがあります。
SWOTというのは、Strength,Weakness,Opportunity,Threatの頭文字を撮ったものです。
これは順に「強み」「弱み」「機会」「脅威」という意味となります。

自社にとってのそれぞれの要素を分析し、組み合わせることによって今後の経営指針を決めていく、というものとなります。
この中で特にしっかり把握するのが難しいのが「強み」に当たる部分です。
新知識や新技術を取り入れていくことは、まさにこの「強み」を強化することであり、同時に「機会」を逃さないことでもあります。
そして「弱み」を克服し、「脅威」に対抗する手段ともなる、一石四鳥の手法と言って良いでしょう。

リスクをコントロールしながら、積極的に取り入れる情報を取捨選択して進んでいくことこそが重要です。