デスクワーカーの為の腰痛対策法

デスクワークが増えている

多くの職場においてパソコンが取り入れられており、業種によらずデスクワークを行う機会というのが増加しています。
立ちっぱなしと座りっぱなしなら、まだ後者の方が楽だと感じる人が多いでしょうが、デスクワーカーにはデスクワーカーの悩みがあります。

その1つが、腰痛です。
どうしても姿勢が固定されてしまうことで負担がかかりやすく、慢性的な腰痛を患っている人が多いのです。
では、デスクワーカーが覚えておきたい、腰痛対策を簡単に紹介します。

日頃からの腰痛対策

腰痛を慢性的なものにしないために重要なのは、姿勢を固定しないことです。
ずっと座りっぱなしなのであれば、座りながらでも出来るストレッチを取り入れてみると良いでしょう。
椅子に座りながら腹筋をするような形で腰を前後させるだけでも、一定の効果が期待できます。
左右に動かしたり、ねじったりという動きも取り入れていくと良いでしょう。

休憩時間には座りっぱなしではなく、少し立ち歩くようにすることも重要です。
昼には社外で食事をするようにする、というだけでもある程度の効果が期待出来るでしょう。

この他には、座り方に気を付ける、ということも挙げられます。
背中が丸まっていたり、机に対して斜めになっているような座り方は腰に対する負担が高いため、意識してみると良いでしょう。
場合によってはクッションなどを使って姿勢を調節するようにします。

SOHOという働き方

新しい仕事のスタイル

仕事、というと「会社にかよって仕事をする」というものを想像する人がやはり多いでしょう。
しかし、インターネットの発達などによって、仕事のスタイルというのは多様化するようになってきました。
そんな中で注目を集めるようになっているのが「SOHO」です。
SOHOというのは、Small Office Home Officeの略称で、要するに小さな事務所や自宅で仕事をする、という形式のことを指しています。

個人事業主として仕事をすることになる、というスタイルとなるため、一般的な「雇用」関係ではないフリーランスになるのがSOHOノ特徴の1つです。
では、メリットとデメリットはどんなものでしょうか?

SOHOのメリットデメリット

まずはメリットについてです。
自宅を仕事場とすることが出来る、ということで、通勤などの時間が必要ありません。
さらに、通常の会社ならばどうしても避ける事が出来ない人間関係なども最低限に留める事ができます。
もちろん服装に関する規定などもありませんから、ウェブカメラなどを使って通信を行わないのであれば、スーツじゃなくて良いどころか下着姿で仕事をしたって誰にも文句は言われません。

自由であること、がSOHOの最大のメリットです。
しかし、これは同時にデメリットでもあり、しっかり仕事を律する意思の力がないと怠けてしまいがちです。

他にも、経理などを自分で行なわなければならないこと、仕事の責任が自分にあること、報酬が安定しにくいこと、といったようなデメリットがあります。
メリットとデメリットを照らしあわせて考えましょう。

採用面接でするべき質問とは

面接のポイント

最終的に人物を判断し、採用の可否を決定することになるのはどんな会社でも面接試験です。
この面接において、人事側が気を付けるべきことはどんなことでしょうか?
聞いておきたい情報もあれば、聞くべきではない情報もあります。
良い面接が出来る、というのは、会社にとっても利益が大きいことであるため、まずはこれを理解しておきましょう。

良い面接とは、人材のポイントを見ぬくことが出来る面接です。
自分の会社にとって必要なのがどんな人材であり、その人材がそれに合致しているかどうかを見極めなければなりません。
いわゆる一問一答形式の質問だけでは、本当の意味で必要な情報を引き出すことが出来ないでしょう。
また、緊張している状態のままでは本来の人物像というのは見えてきません。

NG面接

では、逆にしてはいけない面接と言うのはどのようなものになるでしょうか。
実はこれについては、厚生労働省がチェックリストを発表しています。
採用面接は「公正」なものでなければならず、面接において情報収集をするべきではないことが示されています。

まずは、本人に責任がないことの確認です。
例えば出身地や家族の情報、生活環境などを指します。
これらについて聞くと、信用が出来ない会社であると判断されてしまうことも少なくありません。

また、思想信条の自由にあたることも質問するべきではありません。
宗教や政治観、思想などについて質問をすることは適切ではない、と厚生労働省のガイド欄に示されています。

人種や民族などの社会的差別に繋がることや、思想信条、労働組合への加入状況と言った情報については、職業安定法に基づく指針によって情報収集が禁止されている、と覚えておきましょう。