情報セキュリティスペシャリスト試験

ニーズが高まっているIT分野のスキルを問う検定試験

IT関連の技術は日進月歩ですので、常に新しい技術、よりレベルの高い技術を持つエンジニアが求められています。
その中でも、この情報セキュリティスペシャリスト試験は注目の検定試験ということができます。
というのも、世界中でインターネット環境が普通のものとなっている今日では、この技術を悪用してサイバー犯罪が発生するケースが多くなっているからです。

使いやすいネットワーク環境を構築するだけでなく、その環境を安全なものとして、安心して企業活動を続けられるようにする必要があります。
しかし、サイバー犯罪をする人たちも、その技術やアイディアを次々と生み出していますので、それに対抗するためには、かなり高度な技術を持っている必要があります。
そのため、情報セキュリティスペシャリスト試験では、確実にネットワークの安全性を確保できる人材としての評価を行い、様々なケースに対応して、確実な環境を構築できることを補償するものとなっています。

この分野における経験も求められる資格

サイバー攻撃は様々な形を採って行われますし、それぞれの企業や団体のネットワーク環境は異なるシステムを持っています。
そのため、情報セキュリティスペシャリストとして、単にセキュリティーに関する高度な知識を持っているというだけでなく、それぞれの環境に合わせてどのようにシステムを構築できるかを判断して、適切な手法を選択できるということが求められます。
検定試験でも、その点が重視され、より実践的な技術を持っているかどうかが問われます。

さらに、セキュリティー対策に関する技術や知識を持っているということだけでなく、この分野における法的な基礎知識も持っているかどうかということも問題となります。
セキュリティーに関するかなり広い範囲に亘るスキルが試されますので、試験対策はどの分野も漏らすことなく、きちんとどの分野も網羅することが必要です。
こうしたことから、この情報セキュリティスペシャリスト試験の難度は高く、単に資格を取りたいから学習をするという人では取ることはできず、現場での実践を積んでいる人向けのものとなっています。

四択と記述式の問題が出される

この情報セキュリティスペシャリスト試験は、全体で二日間に及び、40分から120分までの試験日程が組まれています。
それぞれの日程の中で、30問の四択式の問題と、2問から3問の記述式の問題が出されることになります。
どの問題も難度が高いものですが、特に記述式の問題については、様々な分野の知識と判断力が問われる複雑なものですので、総合的な力を身に着けないと合格はおぼつきません。