プロジェクトマネージャ

プロジェクトの責任者としてのスキルを証明するための検定試験

プロジェクトマネージャ検定試験は、ITシステムを開発するにあたって組まれるプロジェクトをまとめる責任者としてのスキルを証明するためのものです。
企業内でのシステム構築など大規模なものとなるプロジェクトは、何人ものエンジニアが必要となりますし、プロジェクトを進めるにあたっては、全体的な流れを決めてその後にそれぞれの工程における細かな作業や、エンジニアごとの分担などを行っていく必要があります。
その点で、単に技術力があってプログラムができるというエンジニアだけでなく、全体の流れを把握して、適切な進行を監督できる管理職としての役割が必要となってきます。

その役割を担うのがプロジェクトマネージャであり、豊富な経験と全体を見通す目が求められます。
プロジェクトマネージャの采配次第で、プロジェクトの成否がかかっていますので、とても責任が重い仕事だと言えます。
こうしたことから、十分な知識と経験、能力を持っているかどうかを客観的に判断するための資格として、このプロジェクトマネージャ検定試験が生まれたのです。

プロジェクトのプランニングから検証まですべてを行えるかどうか

プロジェクトマネージャ検定試験は、プロジェクトの立ち上げからシステム開発の現場の監督、そしてプロジェクト終了後の検証まで、すべてを通して行えるスキルを持っているかどうかを問うものです。
そのため、企業などが求めるシステムの概要を聴いて、具体的にどんな内容のシステムにするか、どのような流れで開発を進めていくかなどを、企業の責任者と話し合いながら決めていくことができるかなどの能力も試されます。

また、プロジェクトチームの中で適切な作業分担を行い、予算や工程の遂行状況などを管理して、計画通りにプロジェクトが進行しているかを見る力も必要となります。
単なる技術者としてだけでなく、管理職としての能力があるかどうかも見られますので、総合的なスキルを持っていないと試験にパスすることはできません。
そして、プロジェクトが終わった後も細かなチェックを行い、求められる通りにシステムを作ることができたかどうかを分析することも必要となります。

難度は高く高度なスキルを証明するものとなる

このように、プロジェクトマネージャ検定試験は他のIT関連試験とは多少毛色が異なり、技術的な視点だけでなく管理者としての能力を持っているかどうかを見られます。
そのため難度が高く、合格率も高くはありません。

試験は二日間に亘って実施されて、四択式問題、記述式、論述式の問題が出されることになります。
総合的な判断力が求められますので、実地での訓練が物を言うことになります。