ネットワークスペシャリスト試験

ネットワーク技術に特化したIT技術試験

IT関連の技術試験はかなりの種類がありますが、このネットワークスペシャリスト試験は、ネットワーク関連技術に特化した検定試験です。
もちろん、プログラム言語などの情報処理技術についての基礎的な技術は共通して必要となりますが、あくまでどのように効率よく、かつ安全なネットワーク環境を構築できるかということを主眼とした検定試験となっています。

企業や様々な機関ではITネットワークを構築する必要がありますが、それぞれの団体でネットワークを利用する目的が異なりますし、必要とされるサービスも千差万別です。
さらに、セキュリティーのレベルや使用される規模なども異なりますので、それぞれの現場においてエンジニアが適切な判断を行い、どのようなネットワークを作り上げるかを考えなくてはなりません。
そこで、このネットワークスペシャリスト試験では、単に総合的な技術を持っているということではなく、それぞれの状況に合わせて必要なネットワーク環境というのはどのようなものかを判断して、実際に構築できるエンジニアなのかどうかを問うものとなっています。

ネットワークの構築を完結できる技術が求められる

ネットワーク技術に関する検定試験はいくつかありますが、この検定はあくまでその分野のスペシャリストとしての証明を与えるものです。
そのため、ネットワーク構築の特定の部分を担当できるという限定的なスキルではなく、それぞれの企業の要望に応じて最適なサービスを選んだり、具体的な設計ができたりすること、さらには通信業者などの関連する技術者を活用して、構築そのものを行えることが求められます。
ネットワーク環境構築の最初の段階から携わり、そのプロジェクトを完結できるスキルを持っているのが、スペシャリストなのです。

こうした高い基準が求められていることから、このネットワークスペシャリスト試験の難度は高く、しっかりとした実務経験を持っている人でないとパスするのは難しいでしょう。
逆に言うと、この検定試験をパスすることができれば、文句のつけようがないエンジニアとして評価されることになり、様々な現場での活躍が期待されることになります。

かなり出題範囲も広い

ネットワークスペシャリスト試験のレベルは高いので、試験もかなり長時間に及びます。
通算して二日間の試験となり、選択式の問題と記述式の問題が出されます。

出題数自体はそれほど多くありませんが、一つ一つの問題が複合的な知識や技術を問うものですので、範囲がとても広いのが特徴です。
時間をしっかりと取って、試験のための準備を早めに始めて、範囲を網羅できるようにしておきましょう。