ITパスポート

ITに関する総合的な基礎知識を証明する検定試験

ITパスポートは、ITに関する総合的な知識を問う検定試験で、特定の分野に特化したものというよりは、ITという大まかなくくりの中での基礎的かつ網羅的な知識について扱っています。
そのため、この資格を持つことで、インターネットを取り巻く環境についての理解を深めることができて、グローバル化が進んでいる世界の中で、どこででも通用するスキルを持っているということを証明できます。
広い範囲に亘って知識が問われますので、それぞれの異なる分野同士の関連性などを確認できて、今までなんとなく理解していたものが、はっきりとIT技術全体の中での役割を理解できるようになります。

様々なIT関連の検定試験がある中、手軽に受けられるということや、総合的なスキルを証明できる試験であるということもあって、かなりの数の人が今までに受験しています。
社会人はもちろんのこと、専門学校生や高校生なども積極的にこの試験を受けていて、幅広い層に支持されていることが分かります。
就職や転職に有利に働くということもあって、スキル向上のための一つのステップとしてこの試験を目標にしている人もいます。

100問の問題が出される検定試験

ITパスポートの試験は、すべて四択式の問題となっていて、全部で100問が出されます。
問題は三つの分野に分かれていて、ストテラジ系とマネジメント、テクノロジ系となっています。
それぞれの分野で25問から45問の問題が出され、テクノロジ系の問題が一番多いのが特徴です。

合格ラインは1,000点中600点となっています。
難度はそれほど高くなく、しっかりと出題範囲を網羅して準備しておけば問題なくパスできるでしょう。
過去問をしっかりと分析して傾向をチェックすることで、ある程度それぞれの年の予想が立てられますので、効率の良い試験勉強ができます。

コンピューターを使って行われる試験

このITパスポートの試験の大きな特徴は、すべてコンピューターを使って手続きや試験そのものが行われるということです。
申し込みはインターネット上ですべて行うことができますし、受験IDの取得などもオンラインですべて済みます。

試験会場に行って試験を受けることになりますが、コンピューターを使っての試験となりますので、曜日や時間に関わりなく問題を解くことができます。
夜間や土日などでも試験を受けられますので、日頃仕事などで忙しい人でも無理なく受験できるのがうれしいところです。
試験の結果は、2~3時間後にすぐに出て、やはりコンピューター上で確認できますので、とても効率が良くチャレンジしやすい検定試験となっています。