Android™技術者認定試験制度

世界160か国に配信されている国際的な検定試験

IT関連の技術において特に進歩が速い分野の一つとして、重要なOSであるAndroidのシステムが挙げられます。
世界中の人々がスマホやタブレットなどの携帯端末を持ち、様々な活動を行っているため、そのベースとなるAndroidシステムの改善は日進月歩です。
また、Androidによるアプリケーション開発のニーズもどんどん高まってきていますので、IT人材としてAndroidを扱えるというのはとても重要なポイントとなります。

その点で、このAndroid™技術者認定試験制度は、このシステムについての総合的な知識と開発能力を証明するものとなりますので、とても将来性があり、就職や転職にも有利に働くものと言えます。
しかもこの検定資格は、日本国内のみならず世界中で通用するという大きな特徴も持っています。
日本語の他に中国語や英語でも試験が実施されていて、実に世界160か国に配信されるという規模を誇っています。

IT人材の現場は一つの国に留まらず、国境を超えてグローバル化していますので、どこででも活躍できるスキルを持つためには、こうした世界的に通用する資格を持つことは有利と言えるでしょう。
様々なシーンでAndroidアプリが用いられるようになっていますので、活躍の場を広げたいという人にピッタリの資格です。

主に二つの分野で構成される試験制度

Android™技術者認定試験制度の中には、アプリケーション技術者試験と、プラットフォーム技術者試験の二つがあります。
アプリケーション技術者試験では、Androidに関するプログラミング知識やJavaについての知識などが必要となります。
一方で、プラットフォーム技術者試験では、Linuxについての知識や起動シーケンスについての技術があることが必要となります。

これらの二つのジャンルでは、目指す方向が若干違いますので、自分はどの分野でのスキルを高めていきたいと思っているのかということを確認してから受験準備を始めましょう。
細かく受験範囲などが公開されていますので、難度はそれほど高くなく、時間を十分に取って試験勉強をすれば大丈夫です。

30日が経過すれば再受験も可能

Android™技術者認定試験制度の合格ラインは、70パーセント以上の得点となっています。
試験の申し込みはいつでも行うことができますし、万が一落ちてしまったとしても、30日が経過すれば再受験することもできます。
資格取得に向けてチャレンジを続けることで、高いスキルを手に入れられるようになるでしょう。

気軽に受けることができて、スキルアップができますので、この分野での成長を望む人にぴったりです。