繋がり

人事をやっていて良かったと思う事

人事の喜び

「人事部の苦労」の記事では、まるで人事が厳しいだけの部署のような書き方をしました。
ただ、誤解しないで頂きたいのは、人事部として仕事をすることにも当然喜びがあり、後になって思い出すと良い仕事だった、と思えることも多いということです。
そこでここでは、実際に人事をやっていた人の「良かった」を紹介します。

まず1つ目として紹介するのは「自分が育てた人材の将来が見られる」ことです。
「人事部の苦労」でも書いたとおり、育成というのは根気強く、気の長い仕事です。
直ぐに効果が出るようなことは、あまりありません。

それでも、長く時間を掛けて育成した社員が、気付けば一人前になり、次の世代を担う人材になっていくことを見られるのは、人事の特権です。
ダメな子ほど可愛い、とよく言うもので、育成当初が上手くいかなかった社員が成長しているのを見る姿は他の仕事では味わえないものとなるでしょう。
自分の教育次第によって会社の将来が決まるという、経営陣とはまた違った方向性の責任ある仕事である、ということも人事の面白みだ、という声もありました。

この他では、いろいろな話を聞くことが出来る、ということをメリットに上げている人もいました。
人事は面接や人材評価など、様々なタイミングで人と話をします。
新入社員のようにまだまっさらな人の声を聞くこともあれば、転職採用で他の仕事をしてきた人の声を聞くこともあります。
こうした、他の仕事では出来ないような交流が出来る、ということが人事の楽しみの1つだ、ということです。

正解のない仕事

人事のやりがいとして、考えさせる声が1つありました。
それは「正解がない仕事である」ということです。
人事というのは文字通り、人を扱う仕事です。
十人十色というように、人にはそれぞれ考え方があり、これまで生きてきた時間があり、そして将来に見据えるビジョンがあります。

こういった人を扱うものである以上、そこに確固たる正解というのはありません。
正解が分からないからこそ、どうするべきかを常に考えていかなければなりません。
人事の難しい点は、「正解はない」ものの「失敗はある」ということです。
終ってみて初めて「ああ、正解だった」と思えるのであれば、その仕事は正解だったといえるでしょう。