採用面接

採用面接でするべき質問とは

面接のポイント

最終的に人物を判断し、採用の可否を決定することになるのはどんな会社でも面接試験です。
この面接において、人事側が気を付けるべきことはどんなことでしょうか?
聞いておきたい情報もあれば、聞くべきではない情報もあります。
良い面接が出来る、というのは、会社にとっても利益が大きいことであるため、まずはこれを理解しておきましょう。

良い面接とは、人材のポイントを見ぬくことが出来る面接です。
自分の会社にとって必要なのがどんな人材であり、その人材がそれに合致しているかどうかを見極めなければなりません。
いわゆる一問一答形式の質問だけでは、本当の意味で必要な情報を引き出すことが出来ないでしょう。
また、緊張している状態のままでは本来の人物像というのは見えてきません。

NG面接

では、逆にしてはいけない面接と言うのはどのようなものになるでしょうか。
実はこれについては、厚生労働省がチェックリストを発表しています。
採用面接は「公正」なものでなければならず、面接において情報収集をするべきではないことが示されています。

まずは、本人に責任がないことの確認です。
例えば出身地や家族の情報、生活環境などを指します。
これらについて聞くと、信用が出来ない会社であると判断されてしまうことも少なくありません。

また、思想信条の自由にあたることも質問するべきではありません。
宗教や政治観、思想などについて質問をすることは適切ではない、と厚生労働省のガイド欄に示されています。

人種や民族などの社会的差別に繋がることや、思想信条、労働組合への加入状況と言った情報については、職業安定法に基づく指針によって情報収集が禁止されている、と覚えておきましょう。