悩み

人事部の苦労

人事の重要性

業種が違えども、どうしても必要となる業務の1つとして「人事」があります。
中小企業であってもこの人事業務というのは悩みの種となることが多いでしょう。

採用の業務は、会社の今後を大きく左右しうる業務であり、人事に掛かる責任も大きいと言えるでしょう。
万が一採用した社員が使い物にならなければ、その責任は人事にあるということになります。
最初は使えない人材でも、適切な育成をして適切なポジションに付けることによって、効果的な仕事が出来るようなこともあります。

では、人事業務において特に大変ことは何でしょうか?
これについてはアンケートの結果がありますので参照してみてください。
>>リクナビNEXT

この結果を見ると、最も課題だと考えている人がおおかったのは「人材採用」で、次点で「人材育成」となりました。
最も人事の頭を悩ませている人材採用について、困っているポイントの内訳を見てみましょう。

多かったのは「求めている応募者が集まらない」というものでした。
バブル時代には社員が会社を選ぶ時代、そしてその後の不景気の時代には会社が社員を選ぶ時代となりました。
そして今現在は、「社員が会社を選ぶ時代」へと戻りつつあります。

会社としては当然優秀な人材が欲しいと考えています。
しかし、労働者としては同時に、より良い環境で働きたいと考えているわけです。
待遇面などを見つめなおさなければ、求めている人材が来ない、というのはある意味当然といえば当然です。

新入社員の待遇までは人事部が預かっているわけではないため、決まった待遇で求められる人材を見つけなければならない難しい状況があります。
人事の中にはよく「ゆとり世代は意欲がない」というように、世代のせいにする人もいますが、この考え方は適切ではありません。

意欲がないのではなく、「仕事を選ぶ」ということの重要性を知っているだけです。
就職難の時代になると必ず「仕事は選ばなければあるのに、選んでいるのが悪い」というような考えをする人がいますが、果たしてそうでしょうか。

人生を大きく左右する就職先を、自分の思うように選ばずに決めろ、というのはなんとも人事部側の都合です。
このように、新入社員の視点に立って考えられないことが人材採用を難しくしている要因の1つと言えるでしょう。

育成のポイント

では、人材を採用した後、人材育成に関してはどのようなポイントがあるでしょうか。
こちらについての悩みについては、半数以上が「育成が上手くいかない」ということを挙げています。

これについても重要なのは、育成が上手くいかないことの責任を誰に求めるのか、ということです。
ここで新入社員の側に問題があり、正しい教育をしているにも関わらず育たないのがダメだ、と言っているようでは未来がありません。

時代が変われば、社員も変わります。
例えば「ゆとり世代は自主性がない」というようなことを言って世代のせいにする人もいますが、その世代はそういう教育を受けてきた世代なのですから、違いがあって当然です。

違う鋳型で出来たものを、別の金型にはめようとしても当然上手く行きません。
重要なのは、鋳型の方に金型を合わせることです。

もちろん、これは自由にさせて良い、ということではありません。
社会人として必ず必要になることは教え、その上で柔軟に対応できることは柔軟に対応することが重要です。

例えば、モチベーションを上げる方法などを考えていかがでしょうか。
かつてであれば「飲みに誘う」というようなことが新入社員とのコミュニケーション方法の王道でしたが、最近ではこれも変わってきています。

仕事は仕事、プライベートはプライベートと分けて考える層が多くなっており、業務時間外に仕事の話なんてしたくないと考えている人が多いのです。
これに憤慨するのではなく、なら時間内にどう教育するのか、ということを考える方が建設的です。

ゆとり世代以降と上手く折り合いを付けるポイントは「道理を通すこと(理不尽に怒らないこと)」「自分の世代の常識を押し付けないこと」の2つです。
適切な付き合い方をすれば、決して劣った世代ではありません。
良い所を見出して上手く教育していくことが、人事に求められる最大のスキルと言って良いでしょう。