人材

IT業界に求められている人材とは

IT業界が必要とする人材

IT業界に就職、または転職したいと考えているのであれば、まず自分がこの業界にとって適切な人材であるのか?ということについてかんがえるひつようがあります。
ITバブル時代であれば最低限の知識があれば採用される、という状況でしたが、市場が成熟してきたことによってより高度な人材を求めるように変化してきました。
では、実際に「今」求められているのがどんな人材なのか、ということを紹介します。

まず最初に、何と言ってもIT業界で必要となる専門知識を高度に持っている人です。
ここで重要なのは、プログラマならプログラムだけ、デザイナーならデザインだけではなく、IT業界全体の仕事についてある程度精通している、ということです。
というのも、IT業界の仕事というのは独立しているわけではなく、一つ一つが横につながっているためです。
自分の分野だけではなく、他の分野についても一定以上の知識を持っていることで、格段に人材としての価値が上がります。

また、IT業界以外においても知識を持っていることはメリットとなります。
例えば元金融業界や医療業界に務めていて、内情を知っている、というようなケースです。
それぞれの業界によって違う、「求められること」を理解出来る可能性が高く、クライアントとの間で情報の齟齬が発生しにくくなります。
全体のデザインを考える際の要員となることが出来るでしょう。

さらに、IT業界内における何かしらの「専門分野」を持っていることもポイントです。
上記では1つだけではなく全体について精通していることが重要であると述べましたが、これは「1つマスターしている上で」のことです。
この1つの武器がなければ、そもそも人材としての需要がありません。

この他には、コミュニケーション能力に長けている、ということも挙げられます。
IT業というと技術屋で、技術があれば大丈夫というイメージを受けがちですが、実際には自社内、あるいはクライアントとの間でコミュニケーションをとる必要があります。
これが適切に行えているかどうかで、仕事全体にも影響が及びます。
これと同じように、リーダーシップを取ることが出来る人材、というのも重要な要素となります。

役立つ資格

IT業を目指すのであれば、自分の専門とする分野に関する資格を取得し、自分の実力を示すことが出来るようになっておくことが重要です。
そこでここでは、実際にIT業界就職に活用することが出来る資格を3つ紹介します。

1つ目として紹介するのはマイクロソフトMCSEです。
Windowsの開発販売で知られるマイクロソフトが認定しているシステムエンジニアの資格で、その最上位ランクとなります。
この試験には受験条件があり、システムの計画・保守・管理などに関わった経験があることなどが求められます。
すぐに取得することは難しいながら、持っていると技術を確実に示すことが出来る資格です。

2つ目として紹介するのはシスコです。
シスコシステムズによって行われているネットワークエンジニアリングの資格で、スペシャリスト資格となります。
最上位ランクはCCIEという名前で呼ばれており、これとは別にCCNAと呼ばれる資格もあります。
いずれもネットワークエンジニアを目指すのであれば効果的な資格となります。

3つ目に紹介するのはオラクルマスターです。
オラクル社製品に関する知識や技術を問うもので、サーバー構築やデータベース構築などに関するものとなります。
ランクはブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナの4段階で、プラチナは非常に高度な資格となっています。
プラチナの場合には試験に合格した上で研修を受ける必要があり、総額で30万円弱必要となっているため、会社の補助が受けられるかどうかなどを確認しておきましょう。