独立

ITの仕事で独立するには

独立への見通し

ある程度IT業界で仕事をして、技術を身につけてくると考えたくなるのが「独立」です。
誰かの元で働くのではなく、自分がトップに立つことによってより効果的に仕事が出来るようになりたい、というのがこの形となります。
ただ、この独立にもいくつかの形式があり、どの形式を取るのかによって難易度は違ってきます。

1つ目は完全独立型です。
これは、仕事を取ることも、その打ち合わせも、製作も自社で行う、という形式です。
営業力も技術力も共に必要となる、難易度が高い独立方式となります。
その代わり、中間搾取を受けること無く大きな利益を得られる可能性が秘められています。

次に、下請けとして独立する、という方法です。
仕事はあくまでも大手企業からの指示によるもの、ということになります。
下請けである分単価は下がりますが、仕事を見つけやすく手ります。
最後は、個人事業として開業し、大手企業などにエンジニアとして使われる、という形式があります。

この独立についてかんがえるときには、まず経営のビジョンを考え、それが本当に自分の力で回していけるのか、ということを判断します。
1人で出来る仕事なのか、出来ない仕事であれば出来ない部分をどうするのか、というようなことを考えていく必要があるでしょう。

独立に効果的な資格

では次に、独立に効果的であると考えられる資格について紹介します。
まず1つ目として紹介するのは、システムアナリストです。
情報処理技術者とも呼ばれます。
経営戦略に基づいた情報化戦略などを建てるために必要であり、特にシステム開発の上流(クライアントとの打ち合わせや、プログラマへの指示、デザインなど)を行うのに重要な資格となります。

2つ目として紹介するのは、中小企業診断士です。
これはコンサル業を行う場合に効果的なもので、経営的なことについて理解しておくための資格となります。
他のIT系技術と合わせて取ることで真価を発揮します。

最後に、ITコーディネーターです。
システム開発におけるすべての段階においてある程度以上の知識を持っているということが求められる、開発の総合知識の資格となります。
すべて取得しておくべき、というわけではありませんが、1つでもとっておくと出来る仕事の幅が広がり、独立に効果を見せてくれるでしょう。