システムアーキテクト試験

情報システムを総合的に設計して管理できる高度な技術を持つ人向けの資格

システムアーキテクト試験は、様々なIT関連の資格の中でも、より高度なスキルが求められるものとなっています。
クライアントのニーズや要望に基づいて、どのような方向性でシステムを構築していくかを決定して、具体的なシステムの設計を行っていきます。
包括的な業務を行うことが求められますので、特定分野に関する知識や技術があれば十分というわけではなく、幅広い範囲に亘るスキルが求められます。

こうしたことから、システムアーキテクト試験の難度は高く、平均して13パーセント程度の合格率となっています。
他の高度技術者向けの試験と比べても合格率が低くなっていますので、それだけレベルの高い試験と言うことができます。
新たにこの分野における業務を始めようとする人向けの試験というよりも、すでにこの業務に従事していて、ある程度の経験を持つ人に向いている資格試験となっています。

他の人を指導する立場に就くことを想定しているスキル

システム設計についての高度な知識と経験を持っていることが、この検定試験にパスするための条件となりますので、総合力に優れていることが不可欠です。
そして、自分自身が開発に携わるというよりも、チームをまとめて指導的な立場を取ることを想定していますので、経験の浅いエンジニアなどを指導するというスキルも求められます。
実際のシステム開発と構築においては、たくさんのエンジニアが協力して行うことになりますので、そのチームを上手にまとめて効率よく作業を進めていくことも、この分野では重要なことです。

また、クライアントと話し合いを重ね、要望にどのように応えていくかというイメージも大事ですし、必要な場面で分かりやすいアドバイスを与えることも求められます。
そのため、単に技術的な視点でスキルを身に着けるだけでなく、経営や予算組みなどの分野での知識を持っていることが重要になります。

論述式の試験も行われるので十分な準備を

このシステムアーキテクト試験は、全体を通して二日間の日程となります。
試験の半分ほどは選択式の試験ですが、論述形式の試験も実施され、応用力や総合力が試されることになります。
付け焼き刃の試験対策では受かることができませんので、十分に時間を取って試験対策をじっくりと進めるようにしましょう。

過去問の情報も細かく出ていますので、その情報を分析してどのような形で問題が出されるのかを確認して、効率よく学習を行うことが肝心です。
扱われる範囲が広いので、計画を立てて受験対策をしないと、なかなか必要な出題範囲を網羅することができなくなってしまいます。

Android™技術者認定試験制度

世界160か国に配信されている国際的な検定試験

IT関連の技術において特に進歩が速い分野の一つとして、重要なOSであるAndroidのシステムが挙げられます。
世界中の人々がスマホやタブレットなどの携帯端末を持ち、様々な活動を行っているため、そのベースとなるAndroidシステムの改善は日進月歩です。
また、Androidによるアプリケーション開発のニーズもどんどん高まってきていますので、IT人材としてAndroidを扱えるというのはとても重要なポイントとなります。

その点で、このAndroid™技術者認定試験制度は、このシステムについての総合的な知識と開発能力を証明するものとなりますので、とても将来性があり、就職や転職にも有利に働くものと言えます。
しかもこの検定資格は、日本国内のみならず世界中で通用するという大きな特徴も持っています。
日本語の他に中国語や英語でも試験が実施されていて、実に世界160か国に配信されるという規模を誇っています。

IT人材の現場は一つの国に留まらず、国境を超えてグローバル化していますので、どこででも活躍できるスキルを持つためには、こうした世界的に通用する資格を持つことは有利と言えるでしょう。
様々なシーンでAndroidアプリが用いられるようになっていますので、活躍の場を広げたいという人にピッタリの資格です。

主に二つの分野で構成される試験制度

Android™技術者認定試験制度の中には、アプリケーション技術者試験と、プラットフォーム技術者試験の二つがあります。
アプリケーション技術者試験では、Androidに関するプログラミング知識やJavaについての知識などが必要となります。
一方で、プラットフォーム技術者試験では、Linuxについての知識や起動シーケンスについての技術があることが必要となります。

これらの二つのジャンルでは、目指す方向が若干違いますので、自分はどの分野でのスキルを高めていきたいと思っているのかということを確認してから受験準備を始めましょう。
細かく受験範囲などが公開されていますので、難度はそれほど高くなく、時間を十分に取って試験勉強をすれば大丈夫です。

30日が経過すれば再受験も可能

Android™技術者認定試験制度の合格ラインは、70パーセント以上の得点となっています。
試験の申し込みはいつでも行うことができますし、万が一落ちてしまったとしても、30日が経過すれば再受験することもできます。
資格取得に向けてチャレンジを続けることで、高いスキルを手に入れられるようになるでしょう。

気軽に受けることができて、スキルアップができますので、この分野での成長を望む人にぴったりです。

Java SE 8 認定資格

最新のアプリケーション開発に関するスキルを取得できる

世界的にアプリケーション開発の技術は相当なスピードで進んでいて、日々新しい技術が開発されています。
より複雑なプログラムを実行できるアプリケーションや、より効率よくサクサクと動くプログラムが使われるようになっていて、アプリケーション開発をする人は常に最新の技術に通じている必要があります。

その中で、アプリケーション業界で重要な言語として使用されているのがJava SE 8です。
このJava SE 8は、長々としたプログラム記述をすることなく効率よく書き記すことができて、より簡素な記述を行えるという特徴を持っています。
また、最新のプロセッサを効率よく使用できる形で改善が図られていますので、より複雑で高度な使用ができるというメリットがあります。

このJava SE 8を用いることで、アプリケーション開発のスピードと質を飛躍的に伸ばすことができますので、プロフェッショナルとしてこの言語を利用できる人材は貴重なものです。
そのスキルを証明するのが、このJava SE 8 認定資格であり、高度な利用ができるスキルを持っているということを証しする資格と言えます。

いくつかのグレードに分かれている資格制度

Java SE 8 認定資格は全体的に高度な知識を持つことを証明するものですが、いくつかのグレードに分かれていますので、自分のスキルレベルに合わせて検定試験を受けることができます。
ブロンズレベルでは、言語未経験者向けの問題が出され、Java SE 8をこれから始めようとする人に向いています。
モチベーションを高めて、言語のベースを作るのに良い資格ですので、このレベルから始めてみるのも良いでしょう。

シルバーレベルでは、ある程度のプログラミング技術を持っていて、経験者の指導さえあれば日常的に必要とされるアプリケーションを開発できるというスキルレベルです。
ゴールドともなると、中上級者向けの試験となって、独自にいろいろな機能を実装することができるようになり、複雑な注文にも自分で答えることができるレベルとなります。

将来性の高い検定試験

検定資格は就職などに有利に働くというメリットがありますが、このJava SE 8 認定資格は特に将来性が高く、多くの企業が必要としているものです。
そのため、難度が高いとは言え、資格取得に向けて努力を払う価値が十分にあると言えるでしょう。

常に新しい技術が開発されていきますが、その波について行くためにも、この試験を一つの目安として勉強を進めていくことも賢い方法です。
学習を通して、現場で活用できる様々な高度な技術を実践的な仕方で身に着けることができるでしょう。